【お知らせ】公式LINEで問い合わせする

【昇格面接】よく聞かれる質問と受かる/落ちる回答例5選【管理職/係長】

どうも、徳丸です。

昇格試験の面接を控える人、こんな悩みをお持ちではないだろうか。

  • 面接でどんな質問をされるのか知りたい
  • ぶっちゃけ、面接官って、どんな観点で評価してるの?
  • 結局、どんな回答をすれば合格できるの?
  • 逆に、これじゃ落ちるよ、って回答を知りたい(反面教師)

この記事では、、

実際に、人事課長として、昇格試験の試験設計・面接官をやっている私が

  • 昇格面接でよく聞く質問
  • 回答のポイント
  • 落ちる回答例
  • 受かる回答例
  • 想定される深掘り質問

を解説する。

目次

【はじめに】質問のパターン2種類

重要なので、回答例の前に、質問の種類について説明する。

面接官の質問は、大きく分けて2パターンの種類がある。

1つめは、基本の質問

面接官は、まず、基本の質問をしてくる。

基本の質問とは、

  • 一番の業績は何か?
  • どんな課題があり、どう克服したか?
  • チームをまとめるために、どんなことをしたか?
  • 強み、弱みは何か?

などの、よく聞く質問の類だ。

これらは、面接の中で必ず聞くように、

会社(人事担当)から面接官に配られている面接マニュアルで決められている

基本の質問を人事で決めてる理由
  • 何を質問するかは難しく、面接官個人に任せると負担になる
  • 面接官によって質問が変わると、公平性に欠ける可能性がある

なので、「よくある質問 選」としてネットや本では、この「基本の質問」のことだと認識することが大事だ。

2つめは、深堀りの質問

では、もう一つの種類は何かというと、

「深掘りの質問」だ。

面接官は、質問毎に確認したいポイントがある。

この確認したいポイントが、候補者の回答からでは判定できない場合、

深掘りの質問をする。

具体的には

  • 何でそう考えたの?(縦の深堀り)
  • 他にはある?(横の深堀り)

などがそうである。

なので、まず基本の質問が来たあと、回答内容によっては

この深堀りの質問が来るので、その対策をしておくことが重要である。

【重要】おすすめの回答戦略

上記で述べた通り、基本の質問と深堀りの質問がある。

ここで、面接官の心理を考えると、

「基本の質問」への1回の回答で「はい、この項目はOK」とはなりにくい

ということだ。

やはり、なにがしかの深堀り質問をした上で、判断をしたい。

面接官も人間であり、上司がいる。

後々「何でこの項目で加点したんだ」と万が一問われたときに、

「こんな深堀り質問したときに、こう答えてたので基準は満たしていると考え、加点の判定をしました」

と言い訳できるようにしておきたいのが心情。

ということで、おすすめの回答戦略は次のとおり。

おすすめの回答戦略

  • 基本の質問は、あえて100%で回答しないで、「余白」を残しておく
  • 面接官に「余白」を深堀り質問させ、回答する

この順を踏めば、面接官の納得も得られやすく、加点になりやすい。

逆に、①でいきなり100%の回答をしてしまうと、そのあとの深堀り質問が来た時に

十分に回答できず、加点が付かない可能性があるので、注意。

参考にして欲しい。

この回答戦略をもとにした、「余白」を深堀り質問させる方法知りたいですか?

動画教材で説明しているので、興味ある人は、以下のページで確認

>>【100人中92人が合格】3日間で、面接脳をつくるカリキュラム

今月までの期間限定公開中なので、お早めに。

今なら「受かった回答・落ちた回答27選」を特典で付けている。

面接官の視点で、受かった回答と落ちた回答の理由を完全解説。

今回のオファー限定なので、興味ある人はお早めに。

>>【100人中92人が合格】3日間で、面接脳をつくるカリキュラム

よくある質問と落ちる回答例・受かる回答例【5選】

ここから、昇格面接でよく聞かれる質問と、落ちる回答例・受かる回答例を紹介する。

回答のポイントも説明するので、参考にされたし。

質問1:部門の現在の方針と、それにどのように取り組んでいますか?

徳丸 博史
徳丸 博史

特に大企業では、上位組織の目標をブレイクダウンするスキルが重視される。”兵隊”が求められてるからだ。

回答のポイント

  • 部門の方針に対する具体的な理解を示す
  • 方針を自身の業務や責任とどのように関連付けているかを説明する
  • 数値や事実を用いて論理的な説明を行う

落ちる回答例

落ちる回答例

部門の方針は主に顧客満足度を高めることを目指している。
私はその方針に従って、顧客満足度を高められるよう業務を進めている。

落ちる回答例の理由
①方針に関する一般的な理解を示しているが、具体性や深い洞察が欠けている
自身の業務や役割と方針との関連性について説明ができてない
数値や具体的な事例が不足している

受かる回答例

受かる回答例

部門全体では、顧客満足度を昨年比で10%向上させることを目指している。
私のチームでは、顧客からのフィードバックを分析し、改善点を特定することで顧客満足度向上に取り組んでいる。
具体的には、顧客からの問い合わせ対応時間を平均30分から15分に短縮することで、顧客満足度の向上とともに、業務効率化に貢献している。

受かる回答例の理由
①部門の方針に対する理解を示している
数値を用いて具体的な目標を説明している
③自身の具体的な行動や貢献を明確にし、部門の目標と個人の業務の関連性を強調している

こんな深堀り質問が来る
  • 部門だけでなく、全社の目標は知ってる?
  • 部門の数値目標を、自チームの数値目標にどのように落とし込んだ?
  • 1年後、3年後、5年後の数値目標は?
  • 取り組みの結果は?

このページ以外の質問の回答例をまとめた特別資料(PDF104ページ分)を

動画教材の特典でプレゼント。詳しくは下記ページをチェック。

>>【100人中92人が合格】3日間で、面接脳をつくるカリキュラム

今月までの期間限定公開中なので、お早めに。

質問2:課題解決に向けて、複雑な情報をどのように分析しますか?

徳丸 博史
徳丸 博史

情報分析の手法を持ち合わせていないと、現場での正しい課題解決の方向性を誤る可能性がある。管理職失格である。

回答のポイント

  • どのような分析の種類があるのかを把握しておき、状況に合わせて最適な分析手法を取っていることを回答する

参考:分析の種類

  • 定量分析(データ分析):数値で表されるデータを対象とした分析手法
  • 定性分析(情報分析):数値では表せない事象や現象を対象とした分析手法
  • 統計分析:相関分析や回帰分析など、統計的手法を用いた分析手法
  • 現状分析:定量データや定性情報を基に、現状を明らかにする分析手法
  • 課題分析:定量データや定性情報を基に、課題を明らかにする分析手法
  • 市場分析:PESTや3C、5フォースなどフレームワークを用いた分析手法
  • 経営分析:財務諸表等を用いて、経営上の課題を明らかにする分析手法

落ちる回答例

落ちる回答例

データサイエンティストの部門に分析の協力を取り付けて、プロの分析結果から課題を定義する。

落ちる回答例の理由
①専門家を活用することも手段の一つだが、ここでの回答にはそぐわない
②あくまで、自分自身でも情報分析ができることを示した上で、専門家との協業はオプション的に捉えておく。

受かる回答例

受かる回答例

まず、現場の状況把握、情報収集が最重要と考えているので、現場を回り、関係者からヒアリングをして生の情報を集める。その上で、現状分析し、課題を定義していく。
具体的には、現状分析では○○分析を活用することが多く、活用する際は○○に留意するようにしている。

受かる回答例の理由
①実際に自分が活用できる情報分析手法を回答している
②手法だけに着眼しすぎると、現場をわかっていない口だけの管理職になり得ると思われてしまう可能性があるため、「現場の生の情報が重要」という要素も入れることで、現場をしっかりマネジメントできそうな姿を想像させるのがポイント。

こんな深堀り質問が来る
  • 実際に経験した内容を教えて
  • 分析した結果は?
  • 分析する際に、ハードルになったことは?
  • そのハードルはどう超えた?

質問3:過去に、重要な意思決定を行ったことはありますか?

徳丸 博史
徳丸 博史

管理職は意思決定スキルが求められる。過去にどんな意思決定を行ったのか、その際に、どのようなことを考えて意思決定したかを問われる。

回答のポイント

  • 具体的な意思決定の状況・背景を説明する
  • どのような観点を考えて、意思決定したかを説明する
  • 幅広い視野(将来的な視点など)をもとに意思決定していることを説明する

落ちる回答例

落ちる回答例

Xという新技術を使用した開発プロジェクトが発足していたが、エンジニアが不足しており、他の部署から調達することを意思決定した。

落ちる回答例の理由
意思決定プロセスに関する説明が欠けている
どのような考えをもって、意思決定したかの説明が不足している

受かる回答例

受かる回答例

Xという新技術を使用した開発プロジェクトが発足していたが、自身のチームの有スキル者が、家庭事情により長期離脱することとなった
対処案として、①外部ベンダを雇ってエンジニアを確保するか、②調整は難航するものの社内の有スキル者を何とか確保するかの案が考えられた。
私は、次期開発を見据えたときに、社内への技術ナレッジの蓄積を図った方が効率がいいこと、また、社外へのキャッシュアウトを抑止できることから、関連部署と調整し、社内で有スキル者を調達することを意思決定した。

受かる回答例の理由
具体的な背景や状況を、端的に説明している
何を考えて判断したか、端的に説明している
③将来の視点など、幅広い視野で判断している

こんな深堀り質問が来る
  • 意思決定した結果は?
  • 意思決定する際に、ハードルになったことは?
  • そのハードルはどう超えた?
  • 意思決定の時間軸は?

このページ以外の質問の回答例をまとめた特別資料(PDF104ページ分)を

動画教材の特典でプレゼント。詳しくは下記ページをチェック。

>>【100人中92人が合格】3日間で、面接脳をつくるカリキュラム

今月までの期間限定公開中なので、お早めに。

質問4:チームメンバーのモチベーションを高めるためにどのように努めますか?

徳丸 博史
徳丸 博史

チームメンバ全員の成果が、管理職の成果となる。メンバ個々のモチベーションをあげることは管理職として必須級なスキルである。

回答のポイント

  • チームメンバーの個々のニーズと動機づけの理解
  • ポジティブなフィードバックと適切な報酬の提供
  • チームの目標と個人の目標の整合性の促進
  • 成功体験の共有とチームの成長への貢献

落ちる回答例

落ちる回答例

やりがいのある仕事をアサインする。

落ちる回答例の理由
①全てがやりがいのある仕事ではなく、すべての仕事をいかにモチベーション高くやってもらうかが上司の仕事である
②チームメンバーの個々のニーズや動機づけへの理解が不足している
③モチベーション向上のための具体的な戦略やアプローチが欠けている

受かる回答例

受かる回答例

メンバが抱える不安や不満を拾い上げ、改善していくことで、メンバのモチベーションを向上している。
そのために、日々、メンバ個々と必ず雑談をすることにしていて、そこでの対話や顔色、声の調子などから不安や不満を感じ取るようにしている。
不安や不満を捉えたら、自らがリーダとして積極的に改善できるよう動く。自分たちで改善できない範囲のものがあれば、周囲の関係者や上司へも働きかける。
このような姿を見せたら、メンバも満足度が向上し、モチベーションが上がっている。

受かる回答例の理由
①具体的でイメージの湧きやすい回答であり、面接官も評価しやすい
②「チームメンバのことを知る」は結構重要なこと。具体的にどう知るのかは考えておくこと。

こんな深堀り質問が来る
  • チームメンバの調子を把握するためにやってることは?
  • チームメンバで、最近、どんな不満があった?
  • どう解決した?
  • 年上のメンバいた場合、どのように対応する?
  • 誰もやりたがらないタスクがあったとき、どうやってもらう?

質問5:組織全体の人材育成において重要だと思うことは?

徳丸 博史
徳丸 博史

管理職に上がるには「組織的人材育成」のスキルが問われる

回答のポイント

  • 組織の目標と従業員の個人的成長を結びつける方法を回答する
  • 組織の将来的な戦略を踏まえて、組織全体の育成計画を立てる必要性を述べる
  • 多様性を尊重し、異なるバックグラウンドやスキルを持つ従業員の能力を最大限に活用する考え方を持つ

落ちる回答例

落ちる回答例

今ある仕事をまわすために、直近で必要なスキルをまとめ、各人の育成計画に落とし込む。

落ちる回答例の理由
①直近の仕事を回すこともミッションではあるが、視野が狭いと判断されかねない
将来の組織戦略の目線での回答すると面接官のウケはよい

受かる回答例

受かる回答例

組織全体の人材育成においては、組織の長期的な目標と従業員の個人的なキャリア目標を整合させることが重要と考える。
そのためには、まず、組織全体のスキルマップを作成し、どの領域のスキルを有した人材が将来何人必要になる見込みで、現状、何人不足しているのかを視える化する。
その上で、従業員の個人的なキャリア目標も踏まえて、各人の育成計画を立案していくことが必要である。

受かる回答例の理由
①組織の目標と従業員の個人的な成長を結びつける具体的な戦略を示している
②将来の目線で考えていて、管理職の視野をすでに持っていることをアピールしている

こんな深堀り質問が来る
  • 組織の長期的な目標は具体的に何?
  • 組織全体のスキルマップは、実際に作った?
  • 組織の計画と、個人のキャリアがうまくマッチしなかったらどうする?
  • 育成の結果はどう把握する?

限定情報

この部分までしっかり読んでくれる人は、アクセス解析すると5%ほど。

なので、今まだ読んでいる人は、優秀です。安心してください。

ここから、さらに有料級の情報を伝えます。

回答を考える上で大事なのは、

面接官がその質問でどのようなことを評価しようとしているのか?

これがわからずに、面接でとんちんかんな回答をしている人が目立つ。

そのような人を救うべく、、

面接官のチェックポイントを資料にまとめてみた【有料級】

【PDFで15ページ分】

ここまで読んでくれた人に、無料でプレゼントする。

実際の面接官が書いてるので、結構参考になると思う。

この資料をさらに濃くして、全27個のよくある質問すべてに

以下の内容をまとめた資料をつくった。

  • 面接官のチェックポイント、回答ポイント
  • 実際に受かった回答、とその理由
  • 実際に落ちた回答、とその理由

その結果、PDF104ページの超大作になった(笑)

この資料も含めて、面接を1点突破するための合格ノウハウをまとめた動画教材をつくった。

興味ある人は以下のボタンから詳細を確認すること。

\ 3日間で、面接脳をつくる方法 /

面接が嫌になったら見てください

徳丸 博史
徳丸 博史

不明点あれば、気軽に質問してください。

まとめ

昇格面接でよく聞かれる質問と、それに対する回答のポイント、受かる回答例・落ちる回答例を解説した。

人によってアピールポイントや、エピソードも違ってくるので、

考え方を真似して、活用して欲しい。

なお、昇格面接対策については、以下の記事でまとめているので合わせて確認して欲しい。

では、また。

よかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
徳丸 博史
人事担当・課長
現在は人事担当で課長職。
昇格試験の面接官を担当し、年間60名程の面接を実施。
初めての昇格試験時、周りからのプレッシャーと対策の仕方がわからなすぎて焦りから鬱病に。
一度不合格になったが、翌年に再受験で合格。
昇格試験で辛い想いをしている人を救うべく、不透明な昇格面接の対策法を発信する。
目次